スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告
Relation Entry

平成22年度高速道路無料化社会実験計画(案)

1、平成22年度高速道路無料化社会実験計画(案)

平成22年2月2日
国土交通省

やっと発表されましたね。案ですが俺も気になってたのです。

やはりツーリングに使用したい高速道路 ⇒ (ETC購入すべきか?やめるべきか?)

高速無料化の実験計画の内容を見てからバイク用の購入しようかと思ってました。

内容をみると無料化実験実施については、交通量の少ない箇所となっておりまして

私の住んでいる仙台は...............予想通りNG

三大都市圏及び札幌、仙台、広島、福岡の各都市圏内の路線及びこれを相互に連絡する
路線、並びにこれと県庁所在地を結ぶ路線


やはり無料無理かい

でも山形方面の高速は、無料箇所があるのであちらにツーリング行く時は便利だと

俺は勝手に評価した。常磐自動車道が含まれてないのが残念

無料化は全車種が対象で、自動料金収受システム(ETC)を搭載していない現金利用者も含まれる。バイクETCは必要無し!!車のETC買ったのにww


2、高速道路の上限料金制 「普通車2000円」で最終調整

国土交通省は8日、高速道路無料化に向けた社会実験に合わせ、今年6月をめどに始める走行距離が長くても通行料金を同額にする上限料金制は普通車2000円、軽自動車1000円、トラックなどの大型車5000円とする方向で最終調整に入った。

新しい割引となる上限制は、曜日は限定せず、自動料金収受システム(ETC)利用車だけでなく現金利用客にも適用する方針だ。

対象の区間や期間は詰めているが、前原誠司国交相が現行の料金通りとしている首都高速、阪神高速と実験的に無料とする区間などは対象外。詳細は月内に公表する考え。

現行の割引制度には、ETC利用の乗用車と二輪車に限定し、地方圏で休日(土日祝日)の通行料を上限1000円にすることなどがある。

新制度は、これらを大幅に見直す。平日に頻繁に高速道路で長距離を移動する人にとっては大きなメリットがあるが、既に休日1000円を利用している普通車の場合、休日は値上げとなる。

一方、同時に実施する無料化実験の対象区間は、利用促進の観点から通行量の少ない区間などを中心に選ぶ方針だ。

結果
①無料区間走行についてETC必要無し

②上限料金制について利用上限 1000円 こちらもETC必要無し

③普通車の休日割引1000円→2000円、平日休み多いしwバイク1000円!!

今年は、高速を使ってツーリング行けそうだなんでらーめん

うれしいが!!
あとから税金にて回収するのは、やめていただきたい
スポンサーサイト
category
バイク
genre
車・バイク
theme
バイク
Relation Entry

Comment

かつさんお疲れさまです
2輪だけでも、全ての高速無料になれば嬉しいですけどね(U_U;)

2輪のETCは、車と比べると防水対策等されてる事もあり、販売価格3万円と高ぃ(T_T)

もっと安いのもあるかもしれませんが…。

山形…初高速で蕎麦ツー行きましょう!!
法定速度内で∑( ̄口 ̄)
んー今週は、めちゃ寒っでバイク乗りムリそうですね。休日楽しんで下さい。
明日も○研修です
(→o←)ゞおやすみなさい
  • 2010⁄02⁄03(水)
  • 23:47

DSC4さん

本日もお疲れ様です。

DSC4さん蕎麦屋まで高速無しで1時間50分です。

高速使ったら バイク乗ってる暇がないですよv-219

まだ寒いので今のうちどこいくか計画するのも楽しいですね。
  • 2010⁄02⁄04(木)
  • 17:04

Trackback

http://miyagisendai.blog9.fc2.com/tb.php/168-85faa558

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。